ホーム » 大きな補助的役割を見事に果たしてくれるジェル

大きな補助的役割を見事に果たしてくれるジェル

[`evernote` not found]
Pocket

跡が残ってしまった場合、消すことができるのでしょうか。その程度によっては自分のケアで治すことも可能です。そのときにディフェリンジェネリックジェルが、大きな補助的役割をはたしてくれるでしょう。

ニキビ跡はその程度によって5段階にわけられる

軽度のものから重度の段階があります。まず、自分に残った跡がどの程度のものかを知りましょう。

1段階:赤くなる
腫れがなくなり、盛り上がりも無くなったけれど、赤みが残ってしまった状態です。

2段階:茶色(紫色)になる
腫れがなくなり、盛り上がりも無くなったけれど、紫色や茶色のシミになってしまった状態です(色素沈着)。紫色は赤みがでた後になりやすく、茶色は紫色になったものが紫外線を浴びることでメラニン色素が沈着します。

3段階:クレーターになる(凹む)
炎症が悪化して、ところどころ肌がくぼんで凹凸ができてしまった状態です。炎症の衝撃でコラーゲン組織が破壊され、そうなります。

4段階:しこりになる
炎症がかなりひどい場合、しこりのように盛り上がり肌表面がそのまま固くなります。化膿が肌の奥まで進んでしまい、それを修復しようと細胞が必要以上に再生されてしまうために盛り上がる状態です。痛みは、ほとんど感じません。

5段階:ミミズ腫れになる
さらに炎症がひどい場合、ニキビがあった部分がミミズ腫れのよう赤みを帯びて盛り上がる状態です。このケースでは、毛穴がなくなりやヤケド跡のようになります。痛みやかゆみが生じる場合があります。

変色の跡は自宅での治療が可能です

3段階以上、つまり跡が変形している場合、自分の力で治すことは困難です。皮膚科に行って専門家にみてもらうことで、治療法を提案してもらえます。色が変色してしまっている1~2段階のものは、自宅でケアすることができます。その赤みを消すポイントは、次の通りです。

・ターンオーバーを正常にする
・保湿する
・紫外線対策を徹底する

紫色、茶色になったものの場合、これに「ピーリング」が加わります。ピーリングは、古くなった角質を落としてターンオーバーの周期を早めます。さらに、肌にメラニン色素をとどまらせない効果も。

ディフェリンジェネリックジェルは、ピーリングと同じ働きをするので、気になるニキビ跡にもつけても効果が期待できるかもしれません。

[`evernote` not found]
Pocket