ホーム » 肌の性質によって異なるケア方法

肌の性質によって異なるケア方法

Pocket

肌は大きく4つのタイプに分けられます~あなたはどのタイプ?

自分がどれに当てはまるのか確認してみましょう。

普通肌
皮脂と水分量のバランスがちょうどよいタイプ。ニキビができにくく、できても治りやすい状態です。しかし、季節や年齢、生活環境の変化によって乾燥しがちになったり、油っぽくなったりと、肌のタイプも変化します。

脂性肌
毛穴が開き、皮脂が多く、さらに水分量も多いタイプ。皮脂は酸化するので、アクネ菌による赤ニキビが吹き出物ができやすい性質をもっています。このタイプの人は、ダブル洗顔を心がけ、しっかり皮脂の汚れを落とすことが肝心です。

混合肌
皮脂が多めで水分が少ないタイプ。Tゾーンはベタつくのに目元や口の周りはかさつく人です。Tゾーンは指先で丁寧に洗い、頬や口周りのUゾーンは泡を転がすようにして洗う、といったようにパーツによって洗顔方法を工夫するといいでしょう。

乾燥肌
水分も皮脂も少ないために肌がもろく、小じわができやすいタイプです。皮脂膜が薄いので、水分の多くが蒸発してしまいます。それによって毛穴が小さくなってしまうため、少しの皮脂でも詰まってしまい、ニキビになります。休日はノーメイクにする、自然派のコスメを使うなど、刺激を与えすぎないケアが大切です。

TPOに合わせた自分のケア方法をもっていることが大事
普通肌の人でも、状況によって、脂性・混合・乾燥などの傾向がでるものです。日常で自分の肌のコンディションを意識して、その状態にあったケアを心がけることでトラブルを防げます。

それでもニキビや吹き出物がでてしまったときは、それに速やかに対処しましょう。そのためにディフェリンジェネリックジェルのような即効性のある治療薬を一本持っておくと、安心できるでしょう。

Pocket