ディフェリンジェネリックジェルでニキビにサヨナラする

Pocket

どうしてニキビはできるのか

ニキビは、毛穴に皮脂がつまることから発生します。そこから「アクネ菌」という菌が増殖して毛穴が炎症を起こしてしまうのが原因です。思春期にニキビの子が多い理由は、大人への成長期にホルモンが増えることによって皮脂の分泌が多くなるからです。

大人でも次の場合は、ニキビができやすくなります。
・体質的に皮脂分泌が多い
・精神的にストレスを感じるとき
・不規則な食生活、寝不足のとき

どんな年代であっても生活習慣や体質で、できてしまうものです。

「つぶして治す」よりも安心安全な治療薬をえらびましょう

できてしまったニキビは、目立ちます。「とにかく早く治したい」、そう思ってアクションする人がほとんどでしょう。一番手っ取り早いので、ついやってしまう方法は「つぶすこと」です。正確にいうと、中心にある芯を圧出して早めにしぼりだしてしまいます。

ところが、芯は、とりだしてよいものとまずいものがあります。ニキビは、赤、黒、白などの、色分けで種類を分類できます。つぶしてもいいものは「白色」だけ。ほかのものは、早期完治どころか、かえって悪化させてしまったり痕を残すことにもなるので、見極めの注意が必要です。

それよりもスムーズに、簡単にできるケアは、治療薬を塗ること。効果は、薬によってそれぞれ違う、といえるでしょう。せっかく購入したのにあまり効かなかった、という話もよく聞きます。それでは、がっかりですね。ですから、しっかりとした効果のある治療薬を選ぶことが大切になってきます。

ディフェリンジェネリック ジェルは確実にニキビを治します

ディフェリンジェネリックは、角質ができるのを抑え、新しいニキビの発生を減らす「アバタレン」という有効成分が配合されています。わかりやすく言うと、毛穴のつまりを改善してくれるということです。化膿したニキビの治療にも有効で、ひどい炎症も防ぎます。

皮膚を極端に乾燥させてしまうアルコール成分を含んでいないのですが、ベトベトしていません。そのため、油っぽい残留物を残さないで完治に導きます。ジェル状でサラッとしているため、使い心地の良さも魅力です。

この製品を使った人は「ほんとうにニキビが消える!」という実感をもつようです。早い人では「3日で治ってしまった」という声も。ニキビができそうな時の予防にもなり、きれいな肌を保つのにも有効です。

使い方と注意すること

ディフェリンジェネリック ジェルは、1日1回、夜の洗顔後に使用します。(朝起きたら、ふつうに洗顔をしてかまいません)。塗り方は、綿棒などを使ってピンポイントにつけると、肌へ負担をかけず安心です。使用前にパッチテストをすると、より安全です。

医薬品のため、妊婦さんや授乳中の方は、使用をひかえましょう。成分にアレルギーのある方、小さなお子さんにも使わないように気をつけて下さい。使用中は、角質層の薄い肌状態になっています。肌が刺激に敏感になり、乾燥もしやすくなります。

治療薬と合わせて、低刺激で保湿効果のあるクリームを塗るといいでしょう。また、ピーリング効果があるので、紫外線を極力避けて、日中は日焼け止めをつけることをお勧めします。

使用後、次のような症状が現れますが、1カ月くらいすると落ち着いてきます。
・肌のかさつき
・かゆみ、ピリピリ感
・赤み
・角質がぼろぼろとはがれ落ちる

「ジェネリック」とはオリジナルの後からできた格安製品

ディフェリンジェネリック ジェルは、別名「アダクレンゲル」と言い、これはもともと  で開発されたディフェイリンジェルのジェネリック製品です。ジェネリックとは「後発医薬品」のことです。すでにほかの会社が開発し、効果や安全性が実証済みの製品を同じ成分で作った法的にも認められている薬品です。

ジェネリック製品の良さは、開発費を節約できるため、同じ効果を持ちながらオリジナルのものより安く手に入れることができます。アダクレンゲルは、インドの製薬会社Cipla Ltd社によって製造・発売されました。

インドには成分特許というものがないため、この製品はディフェリンジェルの半額以下で購入できます。

ディフェリンジェネリックジェルは、効果に定評があり、薬の内容も充実しています。それでいて、低価格で購入できるのは、ユーザーにとってはとてもありがたいもの。ニキビに悩まされている人の強い味方になってくれるはずです。

Pocket